HOME>人気記事>年賀状作成の手間を省きたい人へ【業者依頼でスピーディーに】

目次

デザインの選択

はがき

年賀状を送る人が年々減少をしています。メールやラインなどで終わらせるほうが手間も省くことができますし、面倒な感じもしません。しかし年賀状はマナーでもあるので、出来るだけ送ったほうがよいでしょう。作成をする際にはデザインの選択もしっかりと行っておく必要があります。最近ではインターネット上からでもデザインを選択することができるようになっています。

ハガキの選択

はがき

オリジナルのデザインを考えるだけではなく、年賀状そのものにも様々なデザインがあります。例えば切手の部分に干支の絵が隠れているものや、ディズニーデザインのものなど年賀ハガキそのものデザインもバリエーションがいくつかあるので、好みに合わせて選択をすることができるようになっています。自分らしいデザインのものを選択してみるのもよいかもしれません。

贈るタイミング

はがき

年賀状は贈るタイミングも忘れてはいけません。三が日の間に届くように、年末から準備をしておくことが一般的です。12月15日に受付を開始し、元日に届くためには12月25日までに投かんをするということがルールになっています。しかし12月25日を超えても三が日の間には届くようになっているので、あまり神経質になる必要はないと考えられています。三が日を過ぎないようにしましょう。

返事を送ること

はがき

今は年賀状が届いた人にだけ返信をするという人も増えてきています。メールやラインで返信を贈るというのもよいですが、基本的には返信をしたほうがよいでしょう。届いたのにその相手に年始のあいさつをしない、ということが一番失礼なことになってしまうので、出してくれた相手には年始のあいさつを怠る、ということがないようにしなければいけません。

広告募集中