自分のデザインのファイルを作ってみたい

自分の考えたデザインのファイルを作りたい人は自作で作成するよりも業者にお願いして作成する方が良いでしょう。綺麗な仕上がりのファイルを大量に作成してくれます。しかし、初めて業者を利用してファイル作成の依頼をする人は分からない事も多いはずです。そこで業者を利用して作成依頼する時に思い浮かぶ疑問を集めてみました。

クリアファイルを作る時によくある質問

注文する前に仕上がりの状態をみたいです

無料サンプルを請求するのがおすすめです。業者によってはサンプルを請求できない所もあるので確認してからサンプル請求しましょう。

自分のデザインでファイルを作成する事は可能ですか?

可能です。デザイン案の入稿方法は業者に異なりますが、データ入稿を行っている所が多いです。

作成したいデザインを変更したいのですが…

料金を支払う前であれば可能な所が多いです。変更ができない所もあるので、事前に確認しておきましょう。

書類を効率的に扱うには

ファイル

事務の仕事をしている時など大事な書類を一時保管する際、他の書類と混ざってしまい大変な思いをした人は多いのではないでしょうか。また写真付きの広告などを制作した時にシワになって写真が台無しなんてこともあり得ます。そんな時に重宝するのがクリアファイルです。

ファイル用具の仕様効果

ファイル

クリアファイルは素材としてポリプロピレンを使っていて、これを2枚合わせてポケット状にしたものです。その用途は様々ですが、会議などで配布する書類が折れてシワにならないようにクリアファイルに入れて保管したり手渡ししたりする使い方が一般的ではないでしょうか。また事務仕事などで大事な書類が机の上に散乱した状態だとコーヒーなどをこぼして書類が台無しなんてことも考えられます。そのような時に書類をクリアファイルに入れておけば多少濡れても書類が台無しになることはありません。気分的にも大事な書類をクリアファイルに入れておくだけで安心できるのではないでしょうか。

ファイル用具のサイズ

事務的に使われる書類のサイズはA4が多いですが、クリアファイルは一般的なコピー用紙のサイズに合わせて作られておりA4のみだけでなくB5やA3、定形外など様々なサイズが用意されています。厚さは0.2mmが一般的ですが、0.3mm厚のクリアファイルもあります。重要書類を持ち運ぶ時には安心できる厚さですね。あまり馴染みのない使われ方ですが、郵送で使われることがあります。郵送で履歴書を送ることがありますが、封筒に履歴書を直接入れるとシワや雨天時などの水濡れなどのリスクが考えられます。これをクリアファイルに入れることによってリスクを防ぐことができますし、受け取り側の印象も良くなります。

広告媒体としての用途

透明無地の印象が強いクリアファイルですが、透明だけでなく色々な色彩やキャラクターものが用意されています。特に興味深いのがアニメやアイドルの画像や写真などを印刷したものがイベントなどで配られていることがあります。これらはその場限りのものなので熱心なコレクターも存在します。また企業のキャンペーンなどの宣伝用として企業名が印刷されたクリアファイルが配られることもあります。様々な用途に使われるクリアファイルだからこそ人の目に付き効果的な宣伝効果が得られるのでしょう。

広告募集中